Blog&column
ブログ・コラム

子犬が甘噛みする理由

query_builder 2023/09/03
コラム
46
子犬の甘噛みにお困りの飼い主さんは多いと思います。
では、なぜ子犬は甘噛してしまうのでしょうか。
そこで今回は、子犬が甘噛みする理由をご紹介します。

子犬が甘噛みする理由
■噛みつき欲求
犬には噛みつきたいという欲求が備わっています。
また、犬同士でじゃれ合う際もお互いに噛むことがあります。
動きがあるものを追いかける習性があるため、動くものを見ると遊びたくなり噛み付いてしまいます。

■好奇心
子犬は好奇心旺盛で、気になるものを舐めたり口に入れたくなります。
どんなものかを確認するためにおこなう行為で、多くの子犬に見られます。

■甘えたい
飼い主に甘えたいという欲求が、甘噛みに繋がります。
構って欲しかったり、遊んで欲しいと甘噛みをして気を引かせようとします。

■歯の生え変わり
乳歯から永久歯に生え変わるときは、歯の付け根付近が痒くなったり、口の中に違和感が出ます。
そのため、人や周りのものを噛んで痒さを解消しようとします。

■ストレス
ストレスが溜まっていると、解消するために周りのものに噛みつきます。
また、ストレスが溜まりすぎていると自分の体を噛んでしまう場合もあるので、やりすぎの際はきちんとケアする必要があります。

▼まとめ
子犬が甘噛みするを5つご紹介しました。
噛みつき欲求・好奇心・甘えたい・歯の生え変わり・ストレスなどが挙げられるます。
子犬の頃から甘噛みをしないよう、しつけないと成長したときに飼い主は苦労してしまいます。

そのため甘噛み癖のある子犬は、きちんとしつけるようにしましょう。
広島にある「Lapis」では、しつけのしやすい状態で子犬を育てているので、育てやすいと評判があります。
新たに子犬を迎え入れたい場合は、ぜひお問い合わせくださいね。

NEW

CATEGORY

ARCHIVE