Blog&column
ブログ・コラム

犬用ケージの選び方

query_builder 2022/08/14
コラム
3
犬用のケージにはさまざまな種類があり、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。
犬の性格や大きさなどにより、使いやすいケージは異なります。
そこで今回は、犬用ケージの選び方をご紹介しましょう。

▼犬用ケージの選び方
■適切な広さのものを確認する
犬用ケージにはさまざまなサイズがありますので、犬の大きさに合わせたものを選びましょう。

「Uターンできるくらいの広さ」がおすすめで、広すぎると落ち着かない傾向にあります。
子犬のためにゲージを用意する場合は、成犬になったときにちょうどよくなる広さを選びましょう。
またケージの中にトイレを設置するときは、寝る場所とトイレを離して置ける広さが必要です。

■抜け出せないか確認する
ケージに屋根がついていないものや高さが足りないものだと、犬がケージの上から抜け出してしまう可能性があります。
また作りが甘かったりフェンスの幅が広かったりする場合、隙間から抜け出しかねません。
特にアクティブな性格の犬は、隙間から抜け出す可能性が高くなります。
犬の安全を守るためにも、細部までしっかりと確認しましょう。

■掃除のしやすさを確認する
ゲージに屋根がついているものは、掃除がしにくい可能性があります。
屋根の取り外しのしやすさや入り口の広さなど、掃除がしにくくないか確認しましょう。
トイレをケージの中に置く場合、トイレのスペースと寝るスペースが分かれたタイプが掃除がしやすくおすすめです。

▼まとめ
犬用ケージはサイズが適切で抜け出せないかどうかを確認して選びましょう。
またそれに加えて、掃除をしやすいものを選ぶことがおすすめです。
Lapisでは、お迎えしていただいた犬のアフターフォローもしっかりと行っております。
しつけや飼育についてなどお悩みにいつでもお答えいたしますので、初めて犬を飼う方も安心して足をお運びください。

NEW

  • ブリーダーとペットショップの違いを紹介

    query_builder 2022/10/01
  • ブリーダーから犬をお迎えする流れとは?

    query_builder 2022/09/28
  • ハーネスとリードの違い

    query_builder 2022/09/25
  • ドッグフードの選び方

    query_builder 2022/09/21

CATEGORY

ARCHIVE